濃厚バスク風チーズケーキの作り方 Basque-style Baked Cheese Cake|HidaMari Cooking

0件のコメント

HidaMari Cooking(ひだまりクッキング)へようこそ。
このチャンネルでは、チョコレートや抹茶、季節のフルーツを使ったお菓子のレシピを中心に投稿しています。

▷チャンネル登録はこちら:
If you like it, please click ‘Like’ and Subscribe.
https://www.youtube.com/channel/UCcp9uRaBwInxl_SZqGRksDA?sub_confirmation=1

ベルマークを押すと毎回通知が届くようになります。
動画の評価やコメントをいただけるととても嬉しいです♪

ーーーーーー

こんばんは😊
今日は最近流行っているバスク風チーズケーキを作ってみました。
表面をこんがりと焼き付け香ばしく、
中はレアっぽく仕上げたこのチーズケーキ。

一晩きっちり冷やすとねっとりと濃厚な味に、
少し温めるとふわっと口溶けのいい食感に、
2つの味と食感を楽しめました^^
個人的には冷やして濃厚な食べ方が好きです。

日本で流行っているのは表面を真っ黒に焼き付けたスタイルですが、
今回は本家スペインのLa Viña(ラ ヴィーニャ)の
見た目に近い焼き色にしました。
(型は30㎝のものだそうですが大きいサイズは持っていないので
食べやすい・作りやすいサイズに変更しています)
いつか本物を食べ歩きをしにいってみたいな〜^^

▷材料(15㎝底どれ):
フィラデルフィアクリームチーズ 200g
グラニュー糖 70g
卵黄 1個
全卵 100g
生クリーム 115ml
薄力粉(ドルチェ) 5g

■作り方
1.クリームチーズとグラニュー糖を混ぜ合わせる。

2.卵黄を入れて混ぜる。
卵を溶き、3回程度に分けて加えて混ぜ合わせる。

3.生クリームを入れて混ぜ、薄力粉をふるい入れて混ぜる。

4.型に紙をざっくり敷く。
生地を流し入れ、220℃に予熱したオーブンでで20~25分、
表面に焼き色がつくまで焼く。

5.焼き上がったら型のまま粗熱を取り、冷蔵庫で一晩冷ます。
完成。

ーーーーーー

よく頂く質問などについて。
Q.バターは無塩ですか?有塩ですか?
お菓子には基本的に無塩バターのみ使用しています。
今後は字幕に「無塩バター」と表記するよう心がけますが、
それ以前の字幕に「バター」としか書かれていなくても
「無塩バター」を使用しています。

Q.オーブンは予熱しますか?
焼成温度に合わせて予熱しています。
家庭用オーブンは庫内が小さく扉を開けた時に熱が逃げやすいため、
焼成温度+10〜20℃で予熱し、焼くものを入れてから焼成温度に合わせて焼いています。
こちらも今後は字幕で「〇〇℃に予熱したオーブンで□□分焼く」といった形で表記するように心がけます。

Q.倍量で作りたいのですが。
12cm丸型を15cm丸型に→1.5倍
12cm丸型を18cm丸型に→2.2倍
12cm丸型を21cm丸型に→3倍

15cm丸型を12cm丸型に→0.6倍
15cm丸型を18cm丸型に→1.5倍
15cm丸型を21cm丸型に→2倍

▷糸寒天で作る琥珀糖の作り方:

▷Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCcp9uRaBwInxl_SZqGRksDA

▷instagram:
https://www.instagram.com/hidamaricooking
もし私のレシピでお菓子を作ってくださったときは、
#hidamaricooking をつけて投稿してもらえると嬉しいです♪
またインスタグラムでは、YouTubeで公開していない写真も
公開していますので、よかったらフォローしてください。

▷Twitter:
https://twitter.com/hidamari_cookin?lang=ja

▷Google+:https://plus.google.com/u/1/b/102774055244844144437/102774055244844144437

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です