【マクロビ教室】豆腐クリームの作り方/レシピ【低脂肪/ヴィーガン】

0件のコメント

都内でマクロビオティック料理教室を主宰しております松崎恭子です。
色々なスイーツに使える「豆腐クリーム」の作り方をご紹介しています。

生クリームなどの乳製品を使わずにお豆腐を使うことで、低脂肪で低カロリーなベジホイップクリームとして楽しむことができます。ダイエット中の方のお菓子作りにもおすすめです。

また、動物性の素材は不使用のヴィーガンのレシピとなっております。

普段のおうちにあるもので、すぐに作れることを大切にしました。一般的なマクロビオティックよりもゆるいマクロビのスイーツですので、ぜひ気軽にお楽しみいただけたら嬉しいです♪

☆ 豆腐クリーム〜スイーツ用 ☆

【材料 作りやすい最小の分量】

・木綿豆腐  1/2丁(150~175g位)
・メープルシロップ 大さじ1.5~
・バニラエクストラクト(バニラエッセンス) 少々
・レモンの皮(柑橘の皮) 適量
・自然塩 ごく少量

*きび糖、甜菜糖、メープルシュガーなどの固形の糖を使う場合は、15g位からを目安にお好みで調整をしてみてください。固い豆腐クリームを作りたい時は、固形の糖がおすすめです。

【作り方】
1.豆腐は、(沸騰から)5〜10分ほど煮る。
2.ザルにあけて、粗熱をとる。30分〜1時間ほどそのままにすると余分な水が抜けてくる。
*固めのクリームを作りたい場合は、更に上から重しをする。
3.ボール又は容器にうつして、メープルシロップ、レモンの皮、バニラエクストラクト、塩を加える。
4.ブレンダーにかけてなめらかにする。ツヤが出るまで丁寧に。
5.水切りをしすぎて固いクリームになってしまったら、水などを加えて調節する。

☆ ポイント ☆

・加熱すると豆腐臭さが減るので、スイーツにはこの茹でる水切り方法がおすすめです。
 固く水切りをするほど、なめらかにするのに時間はかかります。

・豆腐クリームは、生クリームと同様にいたみやすいため冷蔵庫で保管を。
また、冷すと少しかたまりますので、固さを調節する際にはそれを考慮して作りましょう。

・時間が経つと、水分が分離しやすくなります。
日持ちは翌日くらいまでを目安に。分離がひどい時は、もう一度よく混ぜます。

・デコレーションケーキやロールケーキなどに使う場合は、しっかり水切りをして固いクリームに。ゼリーやケーキの添えに使う場合には、水切りは軽めにゆるいクリームにすると使いやすいです。
  
**********************************

★ゆったりマクロビ♪料理教室のホームページはこちら

初心者さまからの♪キレイになる少人数制マクロビ料理教室

初心者さまも大歓迎です。少人数アットホームなレッスンで気軽にマクロビを楽しんでみませんか?

**********************************

フォローもお待ちしております!

★Instagram
https://www.instagram.com/yasuko_matsuzaki/?hl=ja

★facebook
https://www.facebook.com/yasuko.matuzaki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です