オーブンなし!濃厚キャラメル・チョコレートプリンの作り方[牛乳大量消費] No Oven Creamy Caramel Chocolate Pudding|HidaMari Cooking

0件のコメント

HidaMari Cooking(ひだまりクッキング)へようこそ。
このチャンネルでは、チョコレートや抹茶、季節のフルーツを使ったお菓子のレシピを中心に投稿しています。
ーーーーーー
ひだまりクッキングのレシピ本ができました。
「365日食べたい!ひだまりさん家の定番おやつ」
書店さんで見かけた方はぜひ手にとってみてくださいね。
こちらのリンクから中身もチェックできます↓

ーーーーーー

▷チャンネル登録はこちら:
If you like it, please click ‘Like’ and Subscribe.
https://www.youtube.com/channel/UCcp9uRaBwInxl_SZqGRksDA?sub_confirmation=1

ベルマークを押すと毎回通知が届くようになります。
動画の評価やコメントをいただけるととても嬉しいです♪

ーーーーーー
おはようございます😊動画を見ていただきありがとうございます♪
今日は、オーブンなしで作れる濃厚チョコプリンのレシピです。
分離させずになめらかなプリンを作るコツは、チョコレートと牛乳をツヤが出るまで
しっかり混ぜ合わせること、冷やしてから器に入れることです。
牛乳手つかずで余ってるわ〜、という方、ぜひお試しを♪

▷Ingredients:
■Chocolate pudding
80g couverture sweet chocolate
60ml water
8g gelatin
500ml milk
20g granulated sugar
10g cocoa powder

■Caramel sauce
15ml water
50g granulated sugar
40ml hot water

▷材料:
■チョコレートプリン
クーベルチュールスイートチョコレート 80g
水 60ml
粉ゼラチン 8g
牛乳 500ml
グラニュー糖 20g
ココアパウダー 10g

板ゼラチンの場合 8g

■カラメルソース
水 15ml
グラニュー糖 50g
お湯 40ml

▷作り方:
1.チョコレートプリンを作る。クーベルチュールスイートチョコ80gを刻んでボウルに入れ、湯煎に当ててチョコレートを溶かす。

2.冷水60mlに粉ゼラチン8gをふりかけて混ぜ合わせ、ふやかしておく。
板ゼラチンを使う場合は8g計量し、氷水でふやかしておく。

3.①のチョコレートをなめらかになるまで溶かし、湯煎から外す。

4.鍋にグラニュー糖20g、ココアパウダー10g(ダマがある場合はふるう)を入れて混ぜ、牛乳500mlを少しづつ加えて、はじめは練るように混ぜる。混ざりきってから牛乳を加えて混ぜる。
※1牛乳を一度に加えるとココアパウダーが混ざりきらずに分離します。
※2牛乳を全部加えると泡が浮いているように見えますが、このあと温めることで砂糖が溶けて均一になります。

5.鍋を中火にかけて、絶えず混ぜながら砂糖を溶かす。60℃まで温まったら火から下ろす。
※3砂糖を温めて溶かし、このあと加えるゼラチンを溶かすだけなので沸騰しない程度に温めます。

6.②でふやかしておいたゼラチンを加え、均一になるまで混ぜる。
板ゼラチンを使う場合は、水気を切って加え均一になるまで混ぜる。

7.①で溶かしたチョコレートに、⑥を濾しながらお玉1〜2杯加えて、チョコのツヤが出るまでしっかり混ぜる。ツヤが出たら⑥を2〜3回に分けて加えその都度よく混ぜる。
※4ツヤが出るまで混ぜないとチョコとココアが2層に分かれてしまい、なめらかに仕上がりません。

8.⑥をすべて加えたら、ボウルごと氷水に当てて、混ぜながら20〜25℃まで冷ます。
お好みの容器に入れて、冷蔵庫で2〜3時間冷やす。

9.カラメルソースを作る。鍋に水15ml、グラニュー糖50gを入れる。お湯40mlは先に量っておく。

10.鍋を中火にかけてお好みの色になるまで砂糖を焦がし、火から下ろす。

11.準備しておいたお湯40mlをすぐに加えて、熱い蒸気とカラメルが跳ねるので蓋をすぐにかぶせてお湯とカラメルを混ぜる。
※カラメルが溶け切らない場合はヘラで混ぜながら弱火にかけて少し温めるときれいに溶けます。

12.冷やしたチョコプリンの上にカラメルソースをかけて完成。カラメルソースは固まらないのでカフェラテやカフェオレに入れても美味しいですよ♪

ーーーーーー

ひだまりについて改めて自己紹介します!
https://ameblo.jp/hidamaricooking/entry-12550830517.html

Who is HidaMari Cooking?
https://ameblo.jp/hidamaricooking/entry-12552608382.html

お仕事のご依頼はこちら
https://forms.gle/hcKY2Rafk9shsX8o6

ーーーーーー

道具や材料の購入先:
こちらの記事で使っている道具や型の紹介をしています。
型編
https://ameblo.jp/hidamaricooking/entry-12557450734.html
道具編
https://ameblo.jp/hidamaricooking/entry-12555039486.html

▽Amazon
口径25cmの耐熱ガラスボウル:iwaki 2.5L
口径20cmの耐熱ガラスボウル:HARIO 3個セット
直径18cmの耐熱スポンジ型:iwaki スポンジ型
赤い耐熱シリコンヘラ:COLIN 3個セット
ハンドミキサー:dretec(ドリテック)
ケーキスライサー(検索するといろいろな出品者が出てきます
フードプロセッサー:BRUNO(ブルーノ)
6個取りマフィン型
繰り返し使えるオーブンシート

▽富澤商店(通販または実店舗)
シリコンの泡立て器
持ち手が木のふるい
クーベルチュールチョコレート:大東カカオのスイートチョコレート
450gの発酵無塩バター(明治、よつ葉、カルピス、高千穂、森永など)
その他製菓材料

▽Cotta (通販専門)
450gの無塩バター(よつ葉、高千穂、明治、森永など)
クーベルチュールチョコレート:カカオバリー、バンホーテン
その他製菓材料
繰り返し使えるオーブンシート

ーーーーーー

よく頂く質問などについて。
Q.バターは無塩ですか?有塩ですか?
お菓子には基本的に無塩バターのみ使用しています。
無塩バターに塩を加えるレシピは有塩バターではだめなのか?と質問をいただくのですが、狙った塩加減にしたいため無塩バターを使っています。
※一部過去の動画は「バター」のみの記載になってしまっています。
今後は字幕に「無塩バター」と表記するよう心がけますが、
それ以前の字幕に「バター」としか書かれていなくても
「無塩バター」を使用しています。

Q.オーブンは予熱しますか?
焼成温度に合わせて予熱しています。
家庭用オーブンは庫内が小さく扉を開けた時に熱が逃げやすいため、
焼成温度+10〜20℃で予熱し、焼くものを入れてから焼成温度に合わせて焼いています。
こちらも今後は字幕で「〇〇℃に予熱したオーブンで□□分焼く」といった形で表記するように心がけます。

Q.倍量で作りたいのですが。
12cm丸型を15cm丸型に→1.5倍
12cm丸型を18cm丸型に→2.2倍
12cm丸型を21cm丸型に→3倍

15cm丸型を12cm丸型に→0.6倍
15cm丸型を18cm丸型に→1.5倍
15cm丸型を21cm丸型に→2倍

12cm(4.7inch)→15cm(6inch) =×1.5
12cm(4.7inch)→18cm(7inch) =×2.2
12cm(4.7inch)→21cm(8.2inch)=×3

15cm(6inch)→12cm(4.7inch) =×0.6
15cm(6inch)→18cm(7inch) =×1.5
15cm(6inch)→21cm8.2(inch)=×2

▷Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCcp9uRaBwInxl_SZqGRksDA

▷instagram:
https://www.instagram.com/hidamaricooking
もし私のレシピでお菓子を作ってくださったときは、
#hidamaricooking をつけて投稿してもらえると嬉しいです♪
またインスタグラムでは、YouTubeで公開していない写真も
公開していますので、よかったらフォローしてください。

▷Blog:
https://ameblo.jp/hidamaricooking

▷Twitter(動画の更新のお知らせ用):
https://twitter.com/hidamari_cookin?lang=ja

▷Google+:https://plus.google.com/u/1/b/102774055244844144437/102774055244844144437

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です